主な治療法

「うつ病になってしまうと、治らないのではないか・・・」と思っている方は、たくさんいることでしょう。しかし、それは間違いです。うつ病とは、適切な治療を受けることで、いくらでも改善することができます。確かに、症状がひどくなってからの治療だと、改善するまでにかなりの時間を要してしまうこととなりますが、うつ病の可能性に早めに気付き、早めに治療をはじめれば、十分克服できる病気でもあるのです。
そんなうつ病の治療には、大きく分けて三つの治療法があげられます。その主な三つの治療法として、「休養」と「薬物投与」、そして「精神療法」があげられます。

うつ病の治療には、まず「休養」が必要となります。うつ病を引き起こす大きな要因として、身体のストレスと心のストレスがあげられます。そのストレスを抱えた身体と心をゆっくり休めることで、改善する力を充電することができるのです。仕事に対するストレスが多い場合は、上司との相談の上業務時間を減らしてもらうか、配置転換をお願いしてみるのもいいでしょう。家庭にストレスを抱える場合は、家事を分担してもらったり、何も気にせずゆっくり休める時間を作ってもらったりするといいでしょう。

うつ病治療の一つに「薬物投与」があげられます。これは、その名の通り薬物を投与する治療法のことを指します。うつ病になると、脳機能に低下が見られるため、さまざまな精神症状や身体症状が現れるようになりますが、その脳機能を正常に保たせる薬として「抗うつ剤」が用いられます。これは、休養と併せて用いることにより効果が得られますので、しっかりと休養を取った上で服用するようにしましょう。
抗うつ剤とは、直ぐに効果が現れるものではありません。焦ることなく、継続的に服用を続けることで、うつ病を克服していくことができるのです。勝手に服用する量を増やしたり減らしたりしてしまうと、副作用の危険性もあるので、しっかりと医師の指示に従って服用するようにしましょう。

うつ病治療の一つに、「精神療法」があげられます。うつ病とは、休養と薬物投与を併せて治療することで十分改善できる病気ではありますが、改善しても再発する可能性も十分あります。再発する原因としては、うつ病を引き起こしてしまった原因を特定せずに治療を進めてしまったことがあげられます。その病気に陥ってしまった原因が分からなければ、症状を改善できたとしても、根本的な解決にはなりませんよね?カウンセリングなどの精神療法を受けてしっかりと原因を明らかにし、再発防止に務めましょう。